アポスティーユ代行

ほとんど知られていない脚やせを安くする方法 > > アポスティーユ代行

アポスティーユ代行

2012年7月16日(月曜日) テーマ:
アポスティーユ代行について考える拠り所として、三木清の次の文章を読んでみましょう。
アポスティーユ代行について直接論じているわけでもなく、著作権も切れていますが、
大いに参考となるでしょう。
彼はドイツ語で哲学上の論文を書いた最初の人に属している。そのほか、彼はローマ法をドイツ語に飜訳してしまうことの必要を力説した。またヘーゲルが自分の思想を出来るだけ純粋なドイツ語で表現することに努め、ラテン語から来た言葉をさえ避け、寧むしろ俗語を活用しようとしたのは有名な事実である。このようにして、全くドイツ固有な言葉の意味を有するかの「ガイスト」(精神)の哲学が完成されるようになったのである。哲学者ライプニッツもその必要を大いに認めた飜訳というものの意味は、外国語を知らない者にその思想を伝達することに尽きるのではない。思想と言葉とが密接に結合しているものである限り、外国の思想は我が国語をもって表現されるとき、既にもはや単に外国の思想ではなくなっているのである。意味の転化が既にそこに行われている。このときおのずから外国の思想は単に外国の思想であることをやめて、我々のものとして発展することの出来る一般的な基礎が与えられるのである。飜訳の重要な意味はここにある。このことを考えるならば、飜訳でものを読むということは学問する者にとって恥辱でないばかりか、必要でさえあることが分る。
アポスティーユ代行を考える際のご参考になりましたか?

関連記事

NPO設立 文京区での奮闘記

NPO設立 文京区での奮闘記

2013年7月10日(水曜日)

上半期には購入したい物とは

上半期には購入したい物とは

2013年6月26日(水曜日)

品川入国管理局 駐車場

品川入国管理局 駐車場

2013年6月24日(月曜日)

じわじわ

じわじわ

2013年5月30日(木曜日)

入国管理局 品川

入国管理局 品川

2013年5月11日(土曜日)